JCM2000 TSL100 の修理について「基板が焦げる」

最終更新: 2019年9月16日

JCM2000には、2chのDSL100と3chのTSL100の二種類があります。


現在2機種とも同じような症状が起こっておりますが、


今回はTSL100の紹介をさせて頂きます。


画像にある通り、パワー管を永く使い過ぎると、このような結果になります。

このアンプの場合、10年以上パワー管を変えなかったため、

パワー管が劣化し、異常放電(管内で雷現象)が起きて、

瞬間に、ショートしたように高電流が流れたため、

ヒューズが切れると同時に、基板やパターンが焼けました。

最悪の場合、電源トランスも破損します。

パワー管が異常放電を起こす前には、「ブツブツ」というような

パルスノイズが出ます。これはパワー管の破損する前触れです。

いわゆるパワー管の悲鳴です。

更に、ハムノイズが大きくなったり、パワー管が赤くなるなどの症状がでますが、

それを無視して使用するとこのように、抵抗が破損したり(2カ所)、基板が焦げたりします。

パワー管の賞味期限は、本来3年程度です。

更に、倍の6年程度は、劣化に気がつかないだけで使えますが、

その6年を過ぎると、危険な期間に入ってきます。

言わば、ツルツルになったタイヤで、車を走らせるようなものです。

基板だけの損傷でしたら、まだいいですが、トランスまで破損したら、

大変なことになります。

パワー管やトランスの交換と、修理代、合わせて7万円近い出費となります。

永く使おうと思うのであれば、通電したら、まずノイズの点検と、

パワー管のチェックが大事です。

今日は以上です。

気になられた方はこちらから、お問い合わせ 下さい。




383回の閲覧

最新記事

すべて表示

久しぶりに投稿します。

久しぶりに投稿します。 ここ数年の間に、ギター人口が激減いたしました。 その証として、まず全国的に、レンタルスタジオが閉鎖に追い込まれています。 今現存するスタジオも、辛うじて営業しているところが多いようです。 私は、全国に渡り、ギターアンプの修理を行っていますが、 常連の店で、8カ所ほど、閉鎖するとの連絡を受けました。 全国で閉鎖した店はこんあものではありません。 我が工房にこられるプレーヤーも

真空管アンプの危険なヒューズ交換

今日は、4月6日です。久しぶりに、ギターアンプ修理についてブログを書きます。 5日ほど前に修理依頼で、T様から、Marshall、JCM2000DSL100が届きました。 症状は、<電源を入れた瞬間にヒューズが切れる>というものです。 原因は、電源トランスのリアショートによる破損です。 「演奏中、突然メインヒューズ(4A)が切れたので、予備の同じヒューズに交換したら、 今度は、「ボン」という大きな

Twin Reverb は最高です! 

エレキギターを弾く方は、知らない人はいないと言われる Twin Reverb 今回はこのツインリバーブののお話を致します 1965年、私が中3の時、クズ屋さんで 真空管式でスピーカー付きのステレオを教材として貰い これを感電しながら改造してギターアンプを作ったのが始まりです エレキギターは、お金持ちのボンボンから 小遣い程度で譲ってもらいました。GUYAでした <クズ屋さん=真空管ステレオアンプと

  • Google Square
  • Twitter Square
  • facebook-square