Twin Reverb は最高です! 

最終更新: 2019年9月16日


エレキギターを弾く方は、知らない人はいないと言われる

Twin Reverb

今回はこのツインリバーブののお話を致します


1965年、私が中3の時、クズ屋さんで

真空管式でスピーカー付きのステレオを教材として貰い

これを感電しながら改造してギターアンプを作ったのが始まりです

エレキギターは、お金持ちのボンボンから

小遣い程度で譲ってもらいました。GUYAでした

<クズ屋さん=真空管ステレオアンプと言って分かる人は

同年代ですね、PUはセラミックでした>


そしてバンドを組んで、ベンチャーズやビートルズを演奏

更に、1967年 高2の時でした

初めてTwin Reverbを見たのです。衝撃的でした

東京のある楽器屋に置いてありました

価格は確か60万円ほどでした

大卒の初任給が4万円弱くらいだったでしょうか

当然眺めるだけです


学生生活が終盤となり就職活動です

企業を色々と当たりましたが、結局、

高井戸にあるグヤトーンに入社しました。

<その後、2013年、2億の負債で既に倒産>


当時は木造二階建ての古い社屋でした

正直これが楽器メーカーの本社かと思いましたが

結構楽しい職場でした!

そしてグヤトーン入社後、初めての新製品が

GA-1100D(S)です

発売当初は確か50台ロットでした

生産ラインに乗せましたが、ひどかったです

工場に何度もチェックに行きましたが

手直しの連続でした


グヤトーンの話はこれくらいで・・・

ツインリバーブに戻します

このGA-1100のコンボのサンプルが

Twin Reverb です

とにかく徹底して研究しました。夢に見たあのTwin Reverbです。

キャビの材質からスピーカー、出力トランス等

すべてのパーツと回路をチェックしましたが

当時では非常に完成度の高いアンプでした(と感じました)


70年代に入るとTwin Reverbは何度もマイナーチェンジを行いました

60年代の85W出力を、100Wまたは135Wにしたり

スピーカーも Oxford/12T6 から始まり、 Jensen/C12N 、 Eminence

さらに、 EV/EVM12L 、 JBL/D120F と変貌を遂げております

中古を購入するにあたっては、見かけだけではなく、これらを踏まえて

購入すべきでしょう、しかしヤフオクなどでは、チェックが難しいです

出品者自身も理解していない場合がありますので、やはり手に取って?

取れません、ケガします、自身の目で判断すべきです

そのためにも、十分な知識を蓄えてください

しかし、どの年のアンプも、それなりに魅力のあるアンプです


長くなりましたので、この続きはまた時間を見つけて書きたいと

思います。


Twin Reverbに関するご意見・お問い合わせは、 ちらから

修理依頼は、こちらから

346回の閲覧1件のコメント

最新記事

すべて表示

久しぶりに投稿します。

久しぶりに投稿します。 ここ数年の間に、ギター人口が激減いたしました。 その証として、まず全国的に、レンタルスタジオが閉鎖に追い込まれています。 今現存するスタジオも、辛うじて営業しているところが多いようです。 私は、全国に渡り、ギターアンプの修理を行っていますが、 常連の店で、8カ所ほど、閉鎖するとの連絡を受けました。 全国で閉鎖した店はこんあものではありません。 我が工房にこられるプレーヤーも

JCM2000 TSL100 の修理について「基板が焦げる」

JCM2000には、2chのDSL100と3chのTSL100の二種類があります。 現在2機種とも同じような症状が起こっておりますが、 今回はTSL100の紹介をさせて頂きます。 画像にある通り、パワー管を永く使い過ぎると、このような結果になります。 このアンプの場合、10年以上パワー管を変えなかったため、 パワー管が劣化し、異常放電(管内で雷現象)が起きて、 瞬間に、ショートしたように高電流が流

真空管アンプの危険なヒューズ交換

今日は、4月6日です。久しぶりに、ギターアンプ修理についてブログを書きます。 5日ほど前に修理依頼で、T様から、Marshall、JCM2000DSL100が届きました。 症状は、<電源を入れた瞬間にヒューズが切れる>というものです。 原因は、電源トランスのリアショートによる破損です。 「演奏中、突然メインヒューズ(4A)が切れたので、予備の同じヒューズに交換したら、 今度は、「ボン」という大きな

  • Google Square
  • Twitter Square
  • facebook-square