Twin Reverb は最高です! 

最終更新: 2019年9月16日


エレキギターを弾く方は、知らない人はいないと言われる

Twin Reverb

今回はこのツインリバーブののお話を致します


1965年、私が中3の時、クズ屋さんで

真空管式でスピーカー付きのステレオを教材として貰い

これを感電しながら改造してギターアンプを作ったのが始まりです

エレキギターは、お金持ちのボンボンから

小遣い程度で譲ってもらいました。GUYAでした

<クズ屋さん=真空管ステレオアンプと言って分かる人は

同年代ですね、PUはセラミックでした>


そしてバンドを組んで、ベンチャーズやビートルズを演奏

更に、1967年 高2の時でした

初めてTwin Reverbを見たのです。衝撃的でした

東京のある楽器屋に置いてありました

価格は確か60万円ほどでした

大卒の初任給が4万円弱くらいだったでしょうか

当然眺めるだけです


学生生活が終盤となり就職活動です

企業を色々と当たりましたが、結局、

高井戸にあるグヤトーンに入社しました。

<その後、2013年、2億の負債で既に倒産>


当時は木造二階建ての古い社屋でした

正直これが楽器メーカーの本社かと思いましたが

結構楽しい職場でした!

そしてグヤトーン入社後、初めての新製品が

GA-1100D(S)です

発売当初は確か50台ロットでした

生産ラインに乗せましたが、ひどかったです

工場に何度もチェックに行きましたが

手直しの連続でした


グヤトーンの話はこれくらいで・・・

ツインリバーブに戻します

このGA-1100のコンボのサンプルが

Twin Reverb です

とにかく徹底して研究しました。夢に見たあのTwin Reverbです。

キャビの材質からスピーカー、出力トランス等

すべてのパーツと回路をチェックしましたが

当時では非常に完成度の高いアンプでした(と感じました)


70年代に入るとTwin Reverbは何度もマイナーチェンジを行いました

60年代の85W出力を、100Wまたは135Wにしたり

スピーカーも Oxford/12T6 から始まり、 Jensen/C12N 、 Eminence

さらに、 EV/EVM12L 、 JBL/D120F と変貌を遂げております

中古を購入するにあたっては、見かけだけではなく、これらを踏まえて

購入すべきでしょう、しかしヤフオクなどでは、チェックが難しいです

出品者自身も理解していない場合がありますので、やはり手に取って?

取れません、ケガします、自身の目で判断すべきです

そのためにも、十分な知識を蓄えてください

しかし、どの年のアンプも、それなりに魅力のあるアンプです


長くなりましたので、この続きはまた時間を見つけて書きたいと

思います。


Twin Reverbに関するご意見・お問い合わせは、 ちらから

修理依頼は、こちらから

0回の閲覧
  • Google Square
  • Twitter Square
  • facebook-square